お知らせ

4種混合ワクチンについて(第二報)

4種混合ワクチン(対象製造番号は4K23及び4K24以下)のポリオの成分が有効期間内に減少すると報告がありました。安全性には全く問題ありません。
また、臨床試験でも抗体は十分に獲得するとの報告です。今後の対処法としては

①そのまま、4回接種で終了とする
②抗体検査を行う。4種混合ワクチン4回目が終了して4週間以上あけてから検査する。抗体価が低い場合はその後5回目を接種する
検査や接種費用は製薬会社の負担となります。

該当の方は、ホームページもしくは郵送等でお知らせ致します。
今しばらくお待ちください。

一覧へ